社会人がイラストの道を目指す!イラスト専門学校に通うメリットとデメリット

普通の会社に就職したけれど、昔から好きだったイラストの仕事にどうしても就きたいという社会人も多いです。

プロの世界は厳しいですから、独学よりも専門学校に通って腕を磨くのがおすすめです。

今回は、社会人が技術などを学ぶのに、専門学校が向いている理由について紹介しましょう。

社会人が技術を身に着ける2つの方法

本業の仕事をしながらイラストレーターを目指すなら、まずは必要なスキルなどを身に着けていかないといけません。

スキルを身に着ける方法として、主に2つの方法があります。

独学で学ぶ方法

イラストレーターやキャラクターデザインなど、絵を描く仕事に必要なスキルなどは学校などに通わなくても身に着けられます。

画力やデッサン力など、コツコツ自分で空いた時間を利用して、勉強していけばいいだけです。

社会人として給与を得ていますから、がんばれば必要なデジタル系のソフトなども購入できます。

独学だとスキルや知識などを身につけるのに時間がかかりますし、つい怠けてしまうこともあります。

どうしても自己流になってしまいますから、正しい方法があるのに間違った方法で身に着いてしまう場合も考えられます。

イラストの専門学校で学ぶ方法

社会人は自由になる時間が限られています。

仕事をしながら絵の勉強をしなくてはいけませんから、最短コースで効率よく学びたいはずです。

イラストの専門学校なら、そんな願いをかなえてくれます。

プロの講師が順序だててカリキュラムに沿って教えてくれますから、どんどん上達していきます。

仕事をしながら夜間コースに通えば、独学よりもはるかに濃い勉強ができます。

寄り道せずに一本道で必要なことを全て学べますから、忙しい社会人には向いている方法です。

独学と比べて唯一のデメリットと言えるのは、学費がかかることです。

昼間通学するよりもはるかに安いですし、働いている社会人なら支払えない額ではありません。

社会人にぴったりな専門学校の夜間コース

社会人として働きながらお金を貯めて、仕事を辞めて昼間の専門学校に通う方法もあります。

この方法だと就職するまで2、3年はかかりますから、その間の学費と生活費をあらかじめ稼いでおかないといけません。

思い立ったが吉日ですが、お金が貯まるまで待っていると、専門学校に入るまでに時間がかかってしまいます。

イラストの専門学校によっては夜間コースがあります。

夜間コースなら働きながら通えますし仕事しなが通うことになりますから、収入をしっかり確保できます。

ある程度学費が貯まった段階で通い始めることができて、生活費などは本業の仕事でまかなえてしまいます。

昼間と比べて学費も半額くらいですから、経済的な負担が少なく社会人におすすめです。

通う日数も週に3日ほどでOKという学校が多いですから、本業に影響を与えずに勉強できます。

イラスト専門学校夜間コースのメリット

社会人が夜間コースに通うメリットとは、生活に負担をかけずにイラストの勉強ができることです。

プロの講師が必要なスキルやノウハウをしっかり教えてくれますから、スキルアップしやすいです。

夜間に通っている人は幅広い年齢層で、自分と同じ社会人の人もたくさんいます。

話が合いやすいですし、仲間ができることでお互いに励まし合って学べます。

昼間より生徒の人数が少ないですから集中しやすいですし、講師も全員に目が行き届きやすいです。

講師への質問などもしやすいですから、わからない点をあいまいにしないでステップアップしていけます。

イラスト専門学校夜間コースのデメリット

昼間と違って夜間は授業数が少なくなってしまいます。

当然、こなす課題の数も少ないですから、身に着く技術も基礎的なものがほとんどです。

昼間の生徒に比べて、スキル的に劣ってしまうのは否めません。

時間数を満たしている昼間の専門学校なら、専門士の称号が与えられて、大学進学なども可能です。

夜間コースの場合は時間数が少なくて、専門士の資格が得られない学校が多いです。

学生とはみなされず、あらゆる面で学割などの恩恵にあずかることは難しいです。

専門学校に通いながら自分でも努力する

学べる時間数に限りがある専門学校の夜間コースですから、通いながら自分でも学ぶ努力をしていきましょう。

社会人なら多少はお金に余裕があるでしょうから、デジタル系のソフトやハード面を充実させましょう。

家で空いた時間に絵を描くようにして、自分でもコツコツ勉強していくのが大切です。

幸い見てくれる講師が学校に行けばいますから、家で描いた絵などを見せて積極的に意見を聞きましょう。

プロの目で見てくれて、直すべきところなどを指摘してくれます。

課題などが少ない夜間コースだからこそ、基礎をしっかり身に着けて、それ以外の部分は自分で努力するのが大切です。

まとめ

社会人でもイラストの世界を目指して、専門学校に通えば技術も身に着きます。

夜間コースで学ぶなら、不足している時間分は自分でも努力を続けていきましょう。

本業がおろそかになっては大変ですから、影響を与えないようにマイペースで学んでいくのが大切です。