比較してみた!イラスト系の仕事に就くなら専門学校と美大どっちが良い?

「イラスト系の仕事に就きたい」という思いから、「イラストを学ぶことができる学校に進学したい」と思う方は多くいることでしょう。

イラストを学ぶことができる学校といえば、美術大学かイラストの専門学校になります。

では、美術大学とイラストの専門学校、イラスト関係の仕事に就くならどちらに通ったほうが良いのでしょうか。

美術大学は4年も学ぶことができる

多くのイラストの専門学校は2年間学びますが、美術大学では4年間も学ぶことができます。

学べる時間が多いということは、それだけ美術としての能力を磨きやすく、絵の知識や経験などを増やすこともできます。

つまり、専門学校の2倍くらい学ぶ期間がある美大は、専門学校よりもレベルアップしやすいといえるのです。

よりイラストのレベルを上げたく、よりレベルの高い仕事に就きたいのであれば、専門学校よりも美術大学に入ったほうが良いでしょう。

専門学校では基礎を学ぶことが多い

専門学校は、基本、イラストのレベルが低い方でも入ることができます。

多くのところは試験がないので、誰でも入ることができます。

そのようなことから、専門学校では基礎からしっかり学ぶことになり、基礎を学ぶ授業は多くあります。

基礎から学ぶことによって画力を高めることができるため、誰でも入ることのできる専門学校では、基礎を教える授業は重要であり必要なことになります。

しかし、基礎だけ学んでもプロになるのは難しく、プロになって成功するには本人の努力次第です。

もちろん、美術大学に入った場合も努力することは必要です。

ですが、美術大学に入れるような人は、試験に合格できる技術や知識を持っているので、美大の人のほうが先に進んでいると言えます。

そのため、美術大学のほうが就職面においても有利ということができます。

専門学校は早く卒業できる

前述したとおり、基本、専門学校では2年間学び、美術大学では4年間学ぶことになります。

専門学校は美大よりも学ぶ年数が少ないですが、前向きに考えると、美大よりも早く卒業できるということになります。

つまり、専門学校のほうが早く就職することができ、早く仕事をすることができるのです。

学校でイラストを学ぶことは大切ですが、社会に出て経験を重ねることも大切です。

社会での経験を重ねることによって、就職したところの大きな戦力になることもあります。

仕事の経験を重ねるには当然内定をもらう必要がある

先程の話は、無事就職できたことが条件になります。

就職できなければ当然仕事の経験を積むことはできません。

イラストの専門学校を卒業すれば、イラスト関係の仕事に就けるとは限りません。

美大でも同じことは言えますが、大卒のほうが会社から評価されることは多くあります。

ですから、美術大学に通っていたほうが圧倒的に有利です。

専門学校に通っていても就職できないことはありますが、就職するには一生懸命イラストを学ぶことは大切です。

そのため、学校に通っている時は焦らずに、目の前の課題を着実にこなすことをおすすめします。

専門学校と美大とでは入学するための難易度が違う

専門学校を選ぶメリットには、ほぼ確実に入ることができるということがあります。

美術大学に入るには試験に合格する必要がありますが、多くのイラストの専門学校では試験はないため、画力が低い方でも簡単に入ることができます。

つまり、美術大学に入るには、合格ライン以上の画力などが必要になりますが、専門学校に入る場合は学費さえ払えれば入ることが可能なのです。

学校に入るのに努力する必要があることは、入学当初のレベルの差に表れますし、将来のことにも大きく影響していまいます。

美術大学のほうが就職できるところの範囲が広い

専門学校よりも美術大学のほうが就職先が多くあります。

就職先が多くあるというのは、就職できるところが多いということで、専門学校卒と大卒を比べると、どうしても大卒のほうが評価されてしまいます。

美術大学は、入ること自体大変なので、美大卒のほうが評価されても仕様がないことです。

専門学校では受けられない企業でも、美大卒なら受けることができるところは多くあります。

つまり、今の世の中は学歴を重要としているところが多くあるため、専門卒よりも美大卒のほうが良いところに就職しやすく、就職の幅も広いのです。

美大のほうが方向転換がしやすい

今の社会は、専門卒よりも美大卒のほうを評価するため、専門学校に通っていてイラストとは全く関係のない仕事に就く場合は結構難しいです。

もちろん、全く関係のない仕事に就くことはできないということではありません。

ですが、良い就職先はあまり期待することはできないでしょう。

一方、美術大学の場合は、社会からは高い評価を受けることが多いため、イラストと全く関係のない仕事でも専門卒よりは就きやすいです。

しかも、良い会社を選べることもあり、やはり就職の面では美大のほうが有利になります。

もちろん、美大を卒業したからといって、就職活動が楽になるわけではありません。

美大卒でも就職活動は大変で、勉強してきたことと関係のない仕事に就きたい場合でも、上手く面接をクリアしなくてはいけません。

ですが、うまくクリアすれば就職できることは多いので、専門学校に通うよりも美大に通っていたほうが選択肢は多くあるのです。

まとめ

イラストの専門学校にも美術大学にもメリットはありますが、総合的に見ると美術大学のほうが魅力的です。

そうはいっても、美術大学に入るにはそれなりのスキルが必要になるため、美大に入るのが難しい方は専門学校を選ぶと良いでしょう。

どちらに入るにしても、プロになったり、プロとして成功するには本人の努力が大切になります。