プロのイラストレーターを目指す!専門学校へ行くべき理由を解説

将来はイラストレーターを目指して、どういう勉強をすればいいのか悩んでいませんか。

美大へ行くのもありですが、やはり効率的に学べるイラストの専門学校に行くのが早道です。

そんなイラスト専門学校の魅力について、紹介しましょう。

イラストレーターになれるスキルを身に着ける方法

イラストレーターになるには、いくつかの方法があります。

まず、専門的な教育を受けられる場所である芸大や、美大へ通う方法です。

大学卒業という学位も取れますし、専門知識や技術なども磨けます。

また、イラスト系の専門学校に通う方法もあります。

カリキュラムに沿って必要なことを学んでいけますから、上達も早いです。

もちろん、独学でもイラストレーターにはなれますが、相当時間がかかりますし努力も必要です。

美大よりも専門学校は学費が安い

芸大や美大に通う場合、一般の大学よりも学費が高いです。

経済的に余裕があるならいいですが、家族にも負担をかけてしまいます。

専門学校なら美大ほど学費がかかりませんから、お金の負担が少ないのがメリットです。

学校にもよりますが、美大の約半分くらいの学費で卒業できてしまいます。

私立の美大などで学費が高い大学もありますし、そこと比べると3分の1程度ですんでしまいます。

その分学ぶ年数も少なくなりますが、必要なことはしっかりと身に着けていけますから心配ありません。

年数が大学よりも少ない分、遊ばないでしっかりと学ぼうという意識も必要です。

モチベーションを高く保って、意欲的に学んでいくのが大切です。

即戦力として働ける技術や知識が学べる

プロが使っているのと同じ機器やソフトを利用できたり、プロの現場で必要な知識や技術を習得できます。

デッサンやデザイン力、色使いなど様々な面を指導してもらえます。

ただ単にイラストを描くのではなく、企画やキャラクターを生み出すアイデアのヒント、構成など色んなスキルを教えてもらえます。

また、しっかりテーマを与えられてそれに沿ったものを作り上げるなど、プロの現場で通用する方法まで身に着けていけます。

デジタル系なら機器やソフトの使い方ももちろんのこと、仕事で求められていることまで教えてもらえます。

卒業する頃にはしっかりとしたスキルが身に着いていますから、就職して即戦力として働けるレベルになれます。

プロが使っているソフトは高いですから、個人で買おうとするとお金もかかってしまいます。

それを学校でいくらでも利用できてしまいますから、それだけでもメリットが大きくておすすめです。

現場経験のあるプロから学べる

専門学校の講師はプロとして活躍していた人も多いです。

リアルで過酷な現場を知っていますから、そこに若者を送り出すために必要なものを教えてもらえます。

現場の生の意見はなかなか聞くことができませんし、経験者ならどんなに厳しい世界かも知っています。

プロならではのノウハウなども学べますし、直接指導してもらえるだけでも成長できます。

聞きたいことを色々と尋ねられる恵まれた環境ですし、第一線で活躍している知名度のあるイラストレーターが講師をやっている場合もあります。

会えるだけで感激する講師から、ダイレクトに教えてもらえる機会はそれほどありません。

就職率が高く将来をサポート

専門学校が企業と提携していたり、決まった会社に何名入れるなど、学校と企業が連携しています。

普通に就職するよりもはるかに就職しやすく、就職率も高い傾向にあります。

学校自体が業界に強いですから、有望な若手のイラストレーターとして働きやすい環境です。

また、専門学生時代から講師の手伝いをしたり、プロの現場で手伝いをする機会もあります。

そこで出会った人と人脈を作ることもできますから、自らコネクションを開拓しやすいです。

就職相談などもありますし、しっかり将来をサポートしてもらえます。

メンタル面を強化して成長できる

美大などと比べて専門学校は2年か3年しかありません。

その間に色々なことを学ぶことになりますから、自然とメンタルも鍛えられていきます。

美術系は課題が多いですから、クオリティを保ちながら課題をこなさいといけません。

1つ1つやっていくうちに技術などが身に着くだけでなく、プレッシャーに耐えたり時間がない中課題を仕上げたりしないといけません。

ステップアップしていくうちにメンタルも鍛えられて、作業が早くて美しいイラストが描けるようになってきます。

プロのイラストレーターになったら締め切りなどもありますし、精神的にも追い込まれてしまいます。

それに備えて、専門学校時代からしっかりメンタルを鍛えることで、ちょっとのことでは参らない強いメンタルを作っていけます。

まとめ

自分の夢のためには努力を怠らないという人に、イラストの専門学校は向いています。

がんばればがんばっただけ上達しますし、課題を通して様々なものを身に着けていけます。

全国各地に専門学校はありますから、自分に向いたところを探してみましょう。