イラストの専門学校に通いながらアルバイトはできる?どんなバイトが良い?

イラストの専門学校に通いながら、アルバイトをしたいという方もいることでしょう。

ですが、「アルバイトをする暇はあるのかな?」などと思う方もいるかと思います。

そこでここでは、イラストの専門学校に通いながらアルバイトすることができるのか解説していきます。

時間を上手に使えばアルバイトは可能

イラストの専門学校を出て就職するには、真剣に授業を受け、それ以外の時間は自分で勉強する必要がありますそれくらいやらないと、希望しているイラスト系の仕事に就くのは難しいでしょう。

ただでさえ、イラストの専門学校で就職するのは大変といわれているくらいなので。

専門学校では課題もあるので、結構忙しいです。

そのため、アルバイトする暇がないように思えますが、上手に時間を使えばアルバイトすることは可能です。

アルバイトを入れれば入れるほど忙しくなり、イラストの勉強のほうに支障をきたす可能性があるため、バイトの入れすぎには注意しましょう。

バイトを入れすぎてイラストの勉強に支障をきたすようだと、何のために専門学校に通っているのか分からなくなります。

週に5~7はかなり厳しい

専門学校に入れば課題をこなさないといけないため、アルバイトをすると更に忙しくなります。

そのため、週に5~7日もアルバイトを入れるとかなり厳しく、多い頻度でアルバイトを入れるのはおすすめできません。

アルバイトを入れすぎることでイラストの勉強が妨げられ、就職できないようなことになると、後悔することになります。

多くの人は、イラスト系の仕事に就くためにイラストの専門学校に通います。

そして、その仕事に就くには高い画力や知識などが必要になり、売り込みの仕方なども学ぶ必要があります。

課題が少ない、あるいは課題をこなせないようでいると、イラストのレベルはなかなかアップしません。

課題をあまりこなせず、アルバイトばかりしていても、結果的に自分のためにならないので、週に5~7日もアルバイトするのはおすすめできなく厳しいといえます。

忙しさは専門学校によって異なる

忙しさは専門学校によって異なり、課題が多いところがあれば、比較的少ないところもあります。

課題が少なければ少ないほうが時間に余裕ができ、アルバイトをたくさん行うことはできます。

アルバイトをたくさんこなせば、たくさんお金を稼ぐことはできますが、課題が少ないようなところはおすすめできません。

イラストに関係するところに就職するには実力を上げる必要があり、実力を上げるには多くの課題をこなすことも大切です。

ですから、アルバイトがしたいがために、とてもゆるい専門学校を選ぶのは良くありません。

ゆるい専門学校に入れば、アルバイトを多く入れることができるかもしれませんが、勉強のほうが疎かになってしまう可能性があります。

そのため、アルバイト重視で専門学校を選ぶのはやめましょう。

どうしてもお金を稼がないといけない場合は別

どうしてもお金を稼がないといけない場合は別になります。

アルバイトをして学費を稼がないと、専門学校に通うことができないという方もいることでしょう。

そのような方は、比較的余裕のある専門学校に通ったほうが良いです。

課題が少ないようなところであれば、ある程度アルバイトすることができるし、イラストの勉強も専門学校に行かないよりは行うことができます。

課題が多い専門学校に比べると、なかなかレベルを上げることができないかもしれませんが、通わないよりも通ったほうがかなりマシです。

どのようなアルバイトがいいのか

上手に時間を使えばアルバイトが可能なイラストの専門学生ですが、イラストの専門学校に通う場合、どのようなアルバイトが良いのでしょうか。

最適なアルバイトを具体的に上げると、コンビニや居酒屋などになります。

多くのコンビニは24時間営業で、24時間営業している居酒屋も多くあります。

2時間営業しているところのメリットといえば、深夜も仕事をすることができることです。

ということは、イラストの専門学校に通っていても仕事に入りやすいということにないます。

もちろん、お店にはシフトがあり、自分が好きなように入ることができない場合がありますが、現在多くのところは人手不足なため、入りたい時間に入れてくれるところは多くあります。

つまり、仕事に入る時間に融通が利きやすいため、専門学校に通いながらアルバイトするなら、24時間営業しているコンビニや居酒屋が最適といえます。

なるべく融通の利くところへ

前述したとおり、イラストの専門学校では課題があります。

ですから、課題の進行具合などによっては使える時間が変わってきます。

使える時間が変わってくれば、どうしてもアルバイトに入るのは難しくなってしまうこともあります。

アルバイトにあまり入れないようであれば、当然あまり稼ぐことはできなくなります。

また、仕事に入れないことでクビになる可能性もあります。

融通が利くところなら良いですが、融通が利かないところだと稼ぐのは難しいでしょう。

アルバイトをする場所

アルバイト選びで大切なことは、先ほども話したようにシフトが入りやすいことですが、場所も大切です。

行きやすい場所、近い場所でないと時間が勿体ないですし、バイトに行くのが面倒になってしまいます。

そのため、自宅か専門学校に近いところで働いたほうが良く効率的です。

近いところを選べば、行く時間を短くすることができます。

逆に遠いところだと、当然行く時間は長くなってしまいます。

バイトに行く時間が長ければ長いほど余計な時間を費やしてしまい、無駄な時間を過ごすことになってしまいます。

アルバイトしながらイラストをしっかり学ぶためにも、余計な時間はなるべく作らないようにすることが大切です。

まとめ

イラストの専門学校に入ってもアルバイトすることは可能です。

ですが、かなり忙しくなるため、イラストの勉強とアルバイトだけで1日が終わることでしょう。

アルバイトを探す際は、イラストの勉強がなるべく妨げられないように、融通の利く移動時間の短いところを選んでください。