イラストの専門学校に入った方が良い人!行くか悩んでいる人はチェック

イラストの専門学校では、イラストの基礎や知識、技術などを学ぶことができます。

また、実際のイラスト関係の仕事の流れなども学ぶことができます。

そのため、イラストの専門学校に通うことにより、画力を高められたり、就職しやすくなったりします。

では、イラストの専門学校に入ったほうが良い人とはどのような人なのでしょうか?

基礎ができていない人

イラストの専門学校に入った方が良い人の1つ目は、イラストの基礎ができていない人、もしくは基礎が分かっていない人です。

イラストのレベルを上げる上で基礎はとても大事です。

他の勉強やスポーツなどと同じように、基礎ができていないと応用することはできません。

ですから、基礎ができていない人は専門学校に行くべきです。

多くの専門学校は入学するための試験などはないため、レベルが低い人でも簡単に入ることができます。

もちろん、中にはレベルが高い人もいますが、わずかだと思った方が良いでしょう。

レベルが低い人は結構多くいるので、専門学校では基礎からしっかり教えていきます。

いきなりレベルの高い授業を行っても、レベルの低い人たちは勉強についていくことができなく、多くの人は辞めてしまいます。

そのようなことがないように、基礎から教えるのです。

レベルの高い人にとっては、基礎的な授業は退屈に感じてしまいますが、基礎からしっかり学べることはレベルの低い人達にとっては嬉しいことです。

ですから、基礎ができていない人は専門学校に入った方が良いのです。

プロになるには基礎を身につける必要がある

イラストの基礎ができていない、もしくは分かっていないとイラスト系の仕事に就くことは困難です。

そもそも画力を高めるには基礎を学ぶ必要があるし、自分が得意ではないイラストを描けないと様々な仕事に対応することができません。

クライアントが求めている絵やデザイン、クライアントが納得する絵やデザインを描けるのがプロです。

クライアントが求めているような絵やデザインを描くには、自分が得意としているものだけ描ければ良いという訳ではありません。

自分が普段描かないようなテイストの絵を描けることによって幅広く対応することができ、そうなるためには基礎的なことや高い技術、広い知識が必要になります。

ですから、周りの人が「上手だね」という程度の絵やデザインが描けても、イラスト系の仕事に就くには基礎を学び身につけないといけません。

高い画力を持っているが基礎を理解していないという人も、専門学校に行って損はありません。

競い合える人を見つけたい人

競い合える人を見つけたい人も、イラストの専門学校に入った方が良いです。

自分が競い合える人というのはレベルが同じくらいの人です。

専門学校には低いレベルの人はもちろん、少しだけレベルが高い人もいます。

また、レベルが高い人は僅かですが、いることでしょう。

そのため、専門学校に入れば、自分とレベルが同じくらいの人を見つけることができます。

レベルが高い人は少ないので見つけることは困難ですが、探せば見つかることでしょう。

同じレベルの競い合える人を見つけることで、切磋琢磨して自分のレベルを上げることができます。

競い合う人がいないよりも、競う相手がいるほうが成長しやすいので、専門学校に入って競い合える人を見つけることは自分のためになります。

ですから、競い合える人を見つけたい人も専門学校に入るべきで、入った方がいいといえます。

モチベーションを上げたい人

これは、先ほど話した競い合える人を見つけたい人に少しかぶりますが、モチベーションを上げたい人も専門学校に入った方が良いです。

それはなぜかというと、専門学校には同じ夢を持っている仲間が多くいます。

その仲間に囲まれ、一緒に学ぶことによって、自然とモチベーションを上げることができます。

挫折しそうになっても、仲間と励ましあいながら頑張ることもできます。

また、モチベーションが上がることによって努力することができ、イラストのレベルは上がりやすくなります。

独学で学ぶ場合は、分からないことがあると自分で調べたりして解決しないといけませんが、専門学校では講師にすぐに質問して解決することができます。

すぐに解決することによってモチベーションを維持することができます。

ですから、モチベーションを上げたいという人にも、専門学校に入ることをおすすめします。

意志が弱い人

将来イラスト系の仕事に就きたいが、意志が弱いという人も専門学校に入ったほうが良いです。

なぜそのような人が専門学校に入ったほうが良いのかというと、専門学校に入ることによって勉強を強制ぎみにすることができるからです。

意志が弱い人が独学で勉強する場合、壁にぶち当たった時など挫折しやすいです。

また、怠けたいと思った時、意志が弱いことから自分に厳しくすることができず、本当に怠けてしまいます。

それでは、イラストのレベルを上げることはできません。

意志が弱い人でも専門学校に入れば、学校に通うことで無理にでも勉強することができます。

怠けたいと思っても、学校に行けば勉強することになるので、独学よりもイラストが上達しやすくなります。

イラストが上達すればするほど就職できることに近づくことができるので、意志が弱い人は独学ではなく専門学校に入ったほうが良いのです。

まとめ

「イラストの専門学校は通っても意味がない」といわれることもありますが、ここで説明した人は専門学校に入ったほうが良く、通うメリットは大きいと言えます。

そのため、もしここで説明した人に当てはまる場合は、専門学校に入ることを検討することをおすすめします。